サニーフーヅ

コーヒー豆各種、シロップ通販卸売【サニーフーヅ】珈琲豆、フルーツシロップ、サワー、カクテル果汁の業務用通販

税込4,320円以上お買上げで送料無料

 

オンライン販売


お勧め人気商品


HOME»  コンテンツ»  コーヒーをより楽しむ方法

コーヒーをより楽しむ方法

『サニー流コーヒーをよりおいしく楽しむ五箇条』
【 I 】.良質の厳選されたコーヒーを選ぶ
コーヒー生豆原料の見分け方の一つに生産地の標高がある。
昼夜の寒暖差があることにより、味のしまった良質なコーヒーができる。
高度は霜が降りない温度帯が条件で800m~2500mである。
一般的にコーヒーは標高が高いほどグレード(特に中米諸国)が高くなります。
その他最適な生産地条件では、年平均気温19℃~22℃、年平均降雨量1600mm~2000mmがベストな条件となる。

 

【 II 】.ローストしたての新鮮な豆を使う
コーヒーは生鮮食品である。早いうちに使い切る分だけ購入するのが良い。
粉であれば、一週間から10日分ぐらいまで。それ以上残る場合は、冷凍庫で保存するといい。その場合、吸湿には充分注意すること。

 

【 III 】.抽出する器具は常に清潔に
プロでもおろそかにしがちなのが、器具を常にきれいに保つこと。
コーヒー成分が付着して酸化、劣化し悪い風味となりカップまで伝わってしまう。

 

【 IV 】.適切な抽出基準を守る
これは、一般的に明確にされていないが、コーヒーの最もおいしい成分、エキスを醸しだすには極めて重要で、水とコーヒーの比率のことである。
 
SUNNYコーヒー Sブレンド 100g当り 最大抽出水量 1700cc
AAブレンド 1700cc
Aブレンド 1600cc
Mブレンド 1600cc
ストレート品 1500cc
 
焙煎度合いとブレンドノウハウにより相違がある。
これ以上水の量が多いとよく言う・出がらし・となり、雑味が増えおいしいエキスの味を
そこなう。
杯数が少ない場合は、さらにコーヒーの量を10%~20%増やすこと。

 

【 V 】.抽出方法を的確にする
いうまでもなく抽出時間と抽出温度である。
ドリップの場合平均値として杯数に関係なく3~5分、長すぎても短くてもいけない。
おとす湯温は90℃前後(深焙きは85℃)、粉の真中から・の・の字を書くように丁寧に心をこめて全体にお湯を注ぎ30秒しっかり蒸らし膨らませる。後は3~4回に分けて適量を抽出する。これはコーヒーのおいしい成分のみを忠実に醸し出す最適な温度と方法です。
ぜひ一度お試し下さい。

 

以上、I~IIはメーカー側の基本対応、III~Vは、お客様のコーヒーを飲まれる方の対応です。
もちろん全てにかかわる最終製品のおいしいコーヒーを飲んでいただく事が当社の
コンセプト
です。
やすらぎと至福の時を演出するコーヒーブレイクに是非お役立て下さい。